リフォームで出来る雨漏り対策や外壁塗装|まかせて安心家づくり

不動産

外壁への塗装で変わる効果

男女

外壁は、モルタル・サンディングで作られていることが多く、家が老朽化するとモルタルにヒビが入ったり、サンディングの目地が固くなってヒビが入ると雨が浸入し柱などを伝って天井まで行き雨漏りとなるのです。雨で濡れると、木部が腐敗したりシロアリが増殖して家自体の寿命も縮まります。
外壁塗装で、ヒビを補修し塗装を重ねることで雨漏りを防ぎましょう。

外壁塗装の塗り替えは、一般的に10年に1度または5~7年で塗り替えた方が効率的でコストも下げられると言われています。
家の立地条件や塗料の種類によっても大きく変わりますが、壁を触って手に白い粉がつくようであれば塗装の劣化が進んでいます。
サンディングのコーキング部分にヒビが入っていたり、カビが発生したら塗り替え時です。

外壁塗装リフォームで、業者を選ぶのは難しいのが現状です。塗装技能者の資格を持っていれば安心ですが資格がなくても塗装業はできるので、実績があり評判がいい業者を選びます。見積書を何件かとり、細かく記載されていてしっかり説明してくれる、アフターサービスもしっかりとある業者に依頼しましょう。早めの外壁塗装で、雨漏りは防ぐことができます。雨漏りだけではなく、外壁・壁内の状態を維持することで家は長持ちします。
家を良くみて、自分でできるこまめな補修と外壁の塗り替えで住み慣れた家で永く快適な暮らしをしましょう。

車庫やカーポート、門や塀などのエクステリア設備でも雨漏りが発生することがあります。
車庫やカーポートの雨漏りは、駐車してある自家用車や収納している荷物にも影響を及ぼすので、早めの対処が必要です。
隙間ができていないか、雨水の流れが設計通りになっているかなどを、確認してください。
門や塀は材質にもよりますが、劣化していないか、歪みがないかなどを定期的にチェックします。

Copyright ©2016 リフォームで出来る雨漏り対策や外壁塗装|まかせて安心家づくり All Rights Reserved.